ウェブマガジン小説ウィングス 新書館 comic&novel

作品紹介

トロイとイーライ

[作] 縞田理理(しまだ・りり)
[イラスト] ねぎしきょうこ

トロイとイーライ

新米魔法学研究員のトロイと魔法も美貌も規格外のイーライが、学園都市を舞台におおくりするトラディショナル・ファンタジー。

【前回までのあらすじ】
魔法学の名門ステープルトン・カレッジで研究員を務めるトロイは、最年少魔導者であるイーライと知り合う。彼は驚くべき美貌の持ち主かつ魔法の天才で、同時に非常識の塊だった。最初は腹を立てるトロイだが、共に魔法がらみの事件を解決するうちに親しくなっていく。あるとき、魔法学者ミラー教授の講演会で、教授が古代魔法の復活を目論む学者・マクスウェルの使い魔に攫われそうになる。イーライが魔法を駆使して撃退するが、マクスウェルは教授以上に魔力の強いイーライに目を付け、仲間にしようと接触してくる。実はミラー教授はイーライの祖母だった。さらにこれまで秘されていたイーライの父親が現国王のスティーヴンであることまでマクスウェルに知られてしまう。古代魔法を解禁したいマクスウェルなら、イーライを王にすべく現王族の一斉暗殺を企てるのでは? そう推測したイーライたちは、王族が顔を揃えるパーティ会場にやってくるが……?

第一話「魔法学科のフェローたち」を読む

最新話「家族より親愛なる者③」はこちらから

Characters

  • トロイ・サンダーランド

    トロイ・サンダーランド

    魔法学の名門ステープルトン・カレッジの研究員。実家は資本家で裕福。真面目で熱血な25歳。

  • イーライ・エリオット

    イーライ・エリオット

    同じくステープルトンの研究員。実は王家の私生児。美貌も魔法の実力も非常識さも規格外。25歳。

  • マクスウェル

    マクスウェル

    古代魔法の復活を目論む魔法学者。イーライの力を狙っている。

  • マクスウェル

    レナード

    マクスウェルの使い魔狐。人間に変化できる。

  • イレーヌ・ミラー

    イレーヌ・ミラー

    ヴェスパ共和国の魔法学教授。実はイーライの祖母。かつて先々代の国王エドワードと恋仲だった。

先生からのコメント

 おかげさまでトロイとイーライ、無事最終回を迎えることができました。読み切りのつもりだった「魔法学科のフェローたち」でシリーズが始まったのが2017年。トロイとティティが出会う番外編「宇宙で一番美しい猫」、トロイとお父さんの確執と和解を描いた「機関車ジェイムズの襲来」で終わりになる筈でしたが、そこでふと思いついてしまったのです。マクスウェルとレナードの悪役コンビを。そうしたらシリーズラストまで3話分のプロットがいきなり出来てしまいまして……それが「八月の来訪者」「亡き王女のためのララバイ」そしてこの「家族より親愛なるもの」だったのです。
 そういうわけで、作者としてはシリーズの大立役者となったレナードくんには幸せになって欲しいです。

お知らせ

・「トロイとイーライ」シリーズ、2022年秋頃、電子文庫化決定!!
・次は11月に短編掲載予定!

[著者プロフィール]

【作】縞田理理

5月25日生まれ。双子座・O型。 主な作品に「霧の日にはラノンが視える」「ミレニアムの翼~320階の守護者と三人の家出人~」(新書館)、漫画原作に「台所のドラゴン」(みよしふるまち・画/KADOKAWA)がある。

【イラスト】ねぎしきょうこ

7月11日生まれ。蟹座・O型。 イラストレーター。主なイラスト作品に「鍵屋甘味処改」シリーズ(梨沙・著/集英社)、「英国紅茶予言師」シリーズ(七海花音・著/小学館)などがある。

その他のコミックを見る
ページの先頭に戻る