FBIの美術犯罪班ACTの捜査官ジェイソンと、有能だが無愛想で敵の多いプロファイラー・ケネディとの関係は、出会ったその瞬間から厄介で困難なものだった。もしかしたら、犯罪者を追うよりも。

マーメイド・マーダーズ(殺しのアート1)

ジョシュ・ラニヨン

翻訳/冬斗亜紀 装画/門野葉一
The Mermaid Murders (Josh Lanyon)

FBIの美術捜査班の捜査官ジェイソン・ウエストは、行動分析課のプロファイラー、サム・ケネディの臨時のパートナーとして、かつて夏をすごしていた町キングスフィールドへ向かう。
17歳の少女が行方不明になったのだ。「伝説のプロファイラー」ケネディが出るような事件ではないが、キングスフィールドでは16年前に少女の連続殺人事件があった。その事件を解決したのこそケネディだったのだ。
無愛想でジェイソンを邪魔者扱いするケネディ。反発しながらも職務を果たそうとするジェイソン。そして出てくる驚愕の証拠……あの連続殺人は、悪夢はまだ終わっていなかったのだろうか?

ためし読み

モネ・マーダーズ(殺しのアート2)

ジョシュ・ラニヨン

翻訳/冬斗亜紀 装画/門野葉一
The Monet Murders(Josh Lanyon)

FBI美術捜査班の捜査官ジェイソン・ウエストは、家族が出席する記念行事の最中、殺人現場へと呼び出される。何故かそこには、八ヵ月ぶりに出会う行動分析課のサム・ケネディがいた。
この数ヵ月、ずっと深夜の電話で思わせぶりで親密な会話をしてきたはずのケネディは、ジェイソンをひどくよそよそしく扱う。
彼らの間に何もなかったかのように。
すべてはジェイソンの勘違いでしかなかったのだろうか。
そして事件は、ジェイソンをある孤島へと誘い…

ためし読み