ウェブマガジン小説ウィングス 新書館 comic&novel

作品紹介

椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録

[作] 糸森 環(いともり・たまき)
[イラスト] 冬臣(ふゆおみ)

椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録

杏のバイト先のオーナーは椅子オタクで、死にたがりで人類嫌いの変人美形で、おまけに店にはアレが出る……? 
ヴィクトールの語る椅子談義も楽しい、ふんわりオカルト&ほんのりラブ♡

【ストーリー】
11月初旬の土曜。杏とヴィクトール、小椋、雪路という、室井を除いた「TSUKURA」の面々は、隣町の宇里川町にある文化センターに来ていた。来月に閉鎖されるというこの施設で使用されていた、家具類を買い取るためである。ヴィクトールの友人で、家具工房「MUKUDORI」のオーナー・星川仁も同行していた。
小椋の話術もあり、交渉相手の湯沢、久保田らとのやりとりは円滑に進む。だが、遅れてやってきた米沢がたくさんの不気味な子どもたちをまとわりつかせているのを、杏と雪路だけが目にしてしまう。ようやく交渉が終わる頃、遠雷とともに雨が降り始めたことから、荷物の運搬は後日にして一行は米沢の経営する喫茶店へ移動することに。幽霊が付いてこないことに安堵しつつ、杏たちは文化センターを脱出する。
喫茶店に到着した頃には外は土砂降りだった。そこで腰を落ち着けた大人たちは、無駄話を延々と続ける。家に帰れない杏と雪路は、米沢の娘・於十葉の秘密をはからずも見てしまったり、高校の共通の友人の話などをしながら、退屈をやりすごしていたが......?

※なお、10月更新分は「遠雷、そして百年の恋について⑤-1」としておりましたが、「遠雷、そして百年の恋について⑤」の誤りでした。ここに訂正とともにお詫び申し上げます。そのため、今月更新分は「遠雷、そして百年の恋について⑥」となっております。

第一話「欺けるダンテスカの恋」 を読む

最新第六話「遠雷、そして百年の恋について⑥」はこちらから

Characters

  • 高田 杏(たかだ・あん)

    高田 杏(たかだ・あん)

    オリジナルチェアを扱う「柘倉(つくら)」、及びアンティークチェアを扱う「TSUKURA」の両店舗でバイトをする高校生。霊感体質。

  • ヴィクトール・類・エルウッド(ゔぃくとーる・るい・えるうっど)

    ヴィクトール・類・エルウッド(ゔぃくとーる・るい・えるうっど)

    椅子工房「柘倉」及び「TSUKURA」のオーナー兼職人。霊を感じ取れるようになりつつある?

  • 島野雪路(しまの・ゆきじ)

    島野雪路(しまの・ゆきじ)

    椅子工房「柘倉」及び「TSUKURA」の職人見習い。杏とは高校の同級生。霊感体質。

  • 室井武史(むろい・たけし)

    室井武史(むろい・たけし)

    椅子工房「柘倉」及び「TSUKURA」の職人で、工房長の弟子。霊感体質。

  • 小椋健司(おぐら・けんじ)

    小椋健司(おぐら・けんじ)

    椅子工房「柘倉」及び「TSUKURA」の工房長。霊感体質。

  • 星川 仁(ほしかわ・じん)

    星川 仁(ほしかわ・じん)

    家具工房「MUKUDORI」のオーナー。ヴィクトールの友人で、よく厄介ごとを押し付けてくる。

  • 米沢(よねざわ)、湯沢(ゆざわ)、久保田(くぼた)

    米沢(よねざわ)、湯沢(ゆざわ)、久保田(くぼた)

    『緑の宇里川町復業協同組合』の面々。「TSUKURA」「MUKUDORI」への家具類売却対応にあたる。

  • 和希(かずき)

    和希(かずき)

    米沢の息子・英治の妻。二十代後半くらい。妊娠中。『カフェ&食堂 H&G』の店員。

  • 於十葉(おとは)

    於十葉(おとは)

    米沢の娘。杏や雪路と同年代。3Dラテアートが上手。

先生からのコメント

失くしたと思っていた眼鏡が、買い直したあとに思わぬところから出てきて、「ぐ......!」という気持ちになっています。これで二度目です。もう失くさないように気をつけようと思います。

お知らせ

ウィングス文庫最新刊「椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録⑤ 猫町と三日月と恋愛蒐集家」、大好評発売中!!

[著者プロフィール]

【作】糸森 環

小説家 BD 9月7日 乙女座。 小説家。
主な作品に「花神遊戯伝」「かくりよ神獣紀」(KADOKAWA)、「恋と悪魔と黙示録」「お狐様の異類婚姻譚」(一迅社)などがある。
♦︎27時09分の地図♦︎
http://ash-map767.riric.jp/index.htm

【イラスト】冬臣

冬生まれ・AB型。 イラストレーター。
主な作品にシチュエーションCD「クリミナーレ!」シリーズ(Rejet)、書籍「真夜中あやかし猫茶房」(新紀元社)、「あやかしトリオのごはんとお酒と珍道中」(マイナビ出版)などがある。

その他のコミックを見る
ページの先頭に戻る